突然の移転祝い

突然の移転祝い!この祝いで何を送ると良いの?

 

突然、移転祝いを送る事になってしまった。

そんな時には、そのお祝いの場で何を送ると良いか考えてしまうと思います。

そんな移転祝いに送るのにピッタリのプレゼントや犯したくないタブーなどを説明します。

 

【プレゼントに胡蝶蘭はどうか?】

 

移転祝いにピッタリなプレゼントとして胡蝶蘭をイメージした方もいるでしょう。

現実に、胡蝶蘭は移転祝いのプレゼントとしては一般的だと言えるようです。

それでは、移転祝いに胡蝶蘭をプレゼントしようとしている方に送る時のノウハウを説明します。

移転祝いに胡蝶蘭を送る時には立札・サイズ・状態・カラー・相場などが大切になります。

移転祝いで胡蝶蘭をプレゼントする時に、付ける立札のパターンには幾つかあります。

例えば、立札には移転御祝いとプレゼントを送る側に関して記載して付けて送るパターンがあります。移転祝いで胡蝶蘭をプレゼントする時に、

どのパターンの立札を付けるか考え込んでしまう場合もあるかも知れませんね。

また、移転祝いには胡蝶蘭はプレゼントとして送られやすいですが、

そのサイズを間違えると途端に困ったプレゼントになる事も考えられます。

例えば、移転先が狭いスペースだった際に精一杯お祝いしようとして最大級の胡蝶蘭を送ったら、もっとサイズの事を考えて欲しいと思われる可能性もあります。

この胡蝶蘭のサイズは移転祝いのプレゼントとして送った時に、

喜ばれるプレゼントになるかどうかの岐路なので頑張りましょう

更に、移転祝いにプレゼントする胡蝶蘭の状態にも喜んでもらえるかが掛かっています。

例えば、プレゼントした胡蝶蘭にカビが生えていたら、

受け取った方はぎょっとするかも知れません。

加えて、移転祝いに胡蝶蘭をプレゼントする時には何色がおすすめか興味のある場合もあるでしょう。胡蝶蘭は色取り取りの花があるので、

その中でおすすめは何なのかと思われても不思議ではありません。

基本的に、移転祝いで胡蝶蘭をプレゼントとして送る際には白色が送られやすいようです。

この他にも、移転祝いの胡蝶蘭は1万円から5万円位が相場で、幾ら位の胡蝶蘭をプレゼントするかは付き合いの濃さによっても左右される場合があります。

 

【もっと移転祝いにピッタリのプレゼントを探りたい方に】

 

もっと移転祝いにピッタリのプレゼントを探りたいと望む方もいるでしょう。

実は移転祝いのプレゼントを送る人が、

胡蝶蘭は好んでいないと聞き及んでいる場合もあるかも知れません。

まず、移転祝いのプレゼントとしては観葉植物も魅力的だと思います。

観葉植物を飾って、心の癒しとなる場合も考えられます。

移転祝いにプレゼントされやすい観葉植物としては、

モンステラ・ユッカ・パキラなどが挙げられます。

また、移転祝いのプレゼントとしてはお酒も有り得ます。

意外とお酒は格式の高いお祝いでもプレゼントされている場合もあります。

ただ、お酒は人によって飲む飲まないが分かれるので注意が必要です。

更に、移転祝いだと美術品もプレゼント候補に入りますが、こちらは移転祝いを送られる人がどんな美術品を望むかというポイントに深い理解がないと危険かも知れません。

例えば、プレゼントされた方が移転した職場に美術品を飾ろうと思ったら、

何だか雰囲気が合わなくて難儀させる事になった事態も考えられます。

特に灰汁の強い美術品はプレゼントされた方も戸惑う場合もあるので気を付けましょう。

この他にも、移転祝いにフルーツをプレゼントする事態も有り得ますが、

そちらを食べる時に皮を剥くなどの負担を掛ける場合も考えられます。

例えば、林檎をプレゼントされた時には皮を剥く方も珍しくはないでしょう。

 

【危険!チェックしたい移転祝いのタブーとタイミング】

 

移転祝いのタブーはしっかりとチェックしないと危険です。このタブーを犯したプレゼントを送って不快にさせた時に、チェックミスしていましたでは済みませんよね。

まず、移転祝いのプレゼントで火事を思考させる系統の物は縁起が悪いので選ばない方が良いです。この品物の代表的なプレゼントとしては、キャンドル・赤色・ストーブなどです。

また、そもそも移転した会社がプレゼントを送られるのは拒否する姿勢を示している場合もあります。この場合は、その姿勢を汲む事をおすすめします。先方の姿勢を無視してまでプレゼントを送るのは望ましくありません。

更に、会社の移転は全てお目出度い出来事が原因で引き起こる訳ではありません。

寧ろ、その正反対の原因で移転するパターンもあるのです。

そんな場合は、プレゼントを送るのは避けるのも大事です。

加えて、タイミングはその移転祝いのプレゼントを送る会社が移転した前日~先方が他の送られたプレゼントと一緒に問題なくそのお返しの対応を行える期間が良いとするパターンがあります。

 

【まとめ】

 

友好関係を築いて行きたい会社が移転したのでお祝いしよう!そんな時には、しっかりと友好関係を築くきっかけになるように油断しないでお祝いをしましょう。